上司を尊敬した出来事

仕事をしている時、上司からは叱られることはあっても、褒められることはあまりありませんでした。

上司を尊敬した出来事

仕事をしている時

上司を尊敬した出来事
■ 36歳 : 男性の話
仕事をしている時、上司からは叱られることはあっても、褒められることはあまりありませんでした。

しかし、私が唯一上司を尊敬した出来事があります。
それは、私がお客から無茶な言いがかりをつけられて、上司を巻き込んでしまった時のことです。
適当にあしらっておけばいいのに、上司は真剣に話を聞き、しっかりとこちらの非礼を侘びて、私の分まで謝ってくれたのです。
これは私が本当に悪いと思い、それから上司に対しての見方が変わった出来事でした。

上司とは、これがあってからよく飲みに行くようになり、互いに愚痴も言い合うようになったのです。
確かに、今は上司と部下の関係はドライな方が好まれるといいますが、私はこの上司は部下のことを真剣に心配してくれていると感じ、とことん付いて行っていいと思っています。
上司は見かけは怖いですが、本気で私を心配してくれるいいおじさんだったのです。
お酒の席でも、上司は我を失うようなことは決してせず、私が会社では言えない相談事をしても、文句ひとつ言わずに聞いてくれました。

現在は、別の部署に移ってしまったので、その上司と直接会う機会はあまりありません。
しかし、事あるごとにその上司のことを気にかけ、メールしている私がいます。

おすすめ